2009年08月23日

モノレール2

レールは空中を走っている。

ビルの間をぬけるように
カーブを描きながらやってきたレールは
僕の目の前をまっすぐに通って行く。

モノレールの走っていないレールは
どこか儚いもののようで美しい。



アナウンスが入った。
すぐにモノレールがビルの間から姿を現すだろう。
そうしてモノレールは、
一枚の絵画から、毎日の交通機関になる。


20090823164031.jpg


【関連する記事】
posted by 久木 at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久木さんの写真には、いつもぐっときちゃう。
それに言葉が添えられて。
こんな宵闇前の瞬間と、モノレールが動きだす瞬間。
静から動へと。好きな瞬間かもしれない。
Posted by 真珠 at 2009年08月24日 13:01
>真珠さん
ありがとうございます!
静から動へ。なんてことは考えずに書きましたが、確かにそうですね。
この写真を撮った時は雨が降っていて、辺りが本当に静かな色をしていました。
Posted by 久木 at 2009年09月12日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。