2008年12月27日

あわ


泡となって立ち上り
ぱちんと弾ける
悲しみも 苦しみも

DSCF7928.JPG


弾けないものは
飲み干してしまおう

続きを読む
posted by 久木 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

27. 芝居

右手が上がる。小指が折れ、薬指、中指が続く。すっと人差指の先から腕、肩を伸ばした彼女の射抜く眼差しを、左手の扇子が静かに隠した。


[文章修行家さんに40の短文描写お題/27.芝居]


たわごとを読む

2008年12月14日

生命力


“私はまだ死んではいません。”


この恐るべき生命力!
たとえその身を切られようとも、わずかな寄る辺さえあれば。


“私はまだ…”


20081213153523.jpg

続きを読む
posted by 久木 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

緊褌一番

今日から12月ですね。
12月はぜひとも朝型生活に戻したいです。

さて、今月も相変わらずすべきことは同じです。
すべきことをして、色々考えて、丁寧に生きる。

今月も頑張っていきましょう。
posted by 久木 at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

生きてます!

 御無沙汰してます、久木です。
 生きてますよ!
 あやうく今月はブログ更新なしになるところでした。

 ホームページの方、拍手下さった方ありがとうございます!
 今は手が回らないのですが、時間が出来たらサイトを整備しなおして、お話を1つ2つアップしたいと考えています。
 どうぞ宜しくお願いします。


なぜ忙しいのかを読む
posted by 久木 at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | サイト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

焦燥など



彼も人なり予も人なり
(かれもひとなり われもひとなり)




彼も自分も同じ人間なのだから、彼にできて自分にできないことはない、という意味です。
では、先人と自分とでは何が違うのか。やはり、信念とやる気と行動力でしょうね。
…と思う今日この頃。
自分にできなくて良いとは思わないので、出来る限りは努力してみようと思っています。
posted by 久木 at 16:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

今日という1日

私がちょくちょくお邪魔させていただいているブログさんで、
「今日もていねいに」という言葉を読みました。
それで、思い出した言葉があります。

今日は14日。
14日は1年に12回ある。

今日は10月14日。
10月14日は1年に1回しかない。

今日は2008年の10月14日。
2008年の10月14日は、私の人生で1度しかない。

だから今日もにこにこ笑っていよう。


テレビで聞いた言葉です。
誰の言葉かは忘れてしまったけれど…。

今日を元気よく過ごす、今日を有意義に過ごす…様々な言い方がありますが結局は、「丁寧に」、この一言に集約されるのかな。
ぞんざいに過ごすのではなく、丁寧に。
そうやって1日1日を重ねていきたいと思います。
posted by 久木 at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

夜空の鏡



夜空の鏡はすっぱりと割れた。

DSCF7272.JPG

行き場のない焦燥。
鋭く、また丸い、美しい半月は、
何もできないでいる(いや、何もしないでいる!)ボクをあざ笑うかのように鎮座している。



続きを読む
posted by 久木 at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

26. 死


 頬は硬く、そして冷たい。この白い塊には目には見えないわずかな欠損がある。彼の穴と言う穴から抜け出て行ったもの。
 魂とは熱なのだ。

[文章修行家さんに40の短文描写お題/26.死]



続きを読む

2008年10月02日

検索ワード

どうも、10月になってしまいましたね。
最近自分で自分に胸を張れないような生活をしているので、誰にというわけではありませんが心苦しいです(笑)。

このブログを覗いている方で、時々「琉歌」というキーワードでお越しの方がいらっしゃるようです。
こんなブログでごめんなさい。
そして、私は琉歌に関してはまったくの素人ですが、少なからず琉歌に興味を持って下さる方がいることを嬉しく思います。
自分は作れないけれど(沖縄方言を使えないので)、読むのは好きなんですよね。
posted by 久木 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。